更新情報

2016-01-12
麻宮姫花とは何者かの情報を更新しました。
2016-01-05
超過激なエロ熟女を楽しみたい人へのお勧め作品の情報を更新しました。
2016-01-05
若い人にも負けない大迫力潮吹き熟女の情報を更新しました。
2016-01-05
使い勝手のいいバリエーション豊かな熟女AVの情報を更新しました。
2016-01-04
オムニバス形式の熟女AVをお楽しみあれの情報を更新しました。

麻宮姫花とは何者か

世の中には、沢山のマニアックな性趣向を持っている人がいるものですが、日本のエロ文化というのはそういった細かなニーズにも絶妙に答えているという非常にすごい国なんですね。
だから、エロ動画に出演するAV女優の種類なんかも、海外と比べてもそのジャンルの幅広さや種類の多さというのは圧倒的だと言ってもいいでしょう。
そして、そんな中でも特にマニアックなジャンルであり非常にニッチなニーズと言えばやはり熟女でしょう。
昨今では、こんなニッチなニーズのはずの熟女もののエロ動画も多数世に排出されており、それに伴い専用の熟女AV女優なども多数みられるようになっています。
そんな中でも、一人麻宮姫花という熟女AV女優がいるのを紹介しましょう。

特徴

麻宮姫花は、正に知る人ぞ知るというレベルのかなりニッチな需要しかないAV女優で、かなり無名な一人だと言ってもいいでしょう。
熟女AV女優の中でも、それ程出演数が多いわけでもなく単体作品は片手で数えても指が余る程度にしか出演していません。
熟女の中では、いわゆる本気のわかりやすい系の熟女。
つまりは、大体年相応のスタイルと見た目をしている、本物の熟女好きではないと、見向きもしないような外見的な特徴をしています。
スタイルも普通よりもやややせ形でスレンダー系なのですが張りがあるわけでもない、所謂崩れたボディラインなので、熟女が本気で好きな人でないとあまりお勧めできません。
しかし、熟女マニアでしかも綺麗な熟女が好きなわけではなく如何にもというような感じの熟女が好きな人にはたまらない人材だと言えるかと思います。


出演傾向

先ほども言った通り、特に美人なわけでもエロいスタイルをしているわけでもない、わかりやすく言うと普通のおばさんなので、熟女物の作品にオンリー出演しています。
有名な熟女AV女優というわけでもないので、単体作品にはあまり出ておらず出演傾向はどちらかというと熟女物の総合ジャンルや集合ジャンルなど、複数人が出演しているなかの一人という風なポジションになっていることが多いです。
そして、麻宮姫花は熟女AV女優の中でも所謂痴女系に分類されるタイプのAV女優なので、出演する作品でも、受けというよりはどちらかというと淫乱系や攻め系の役柄になることが多いタイプです。
性欲が強そうな顔立ちをしているのもあり、かなり生々しい痴女熟女っぷりを見せるので、そちら系統が好きな人にとってはたまらないものがあるとお勧めすることができるピンポイントな魅力と、作品傾向です。

麻宮姫花の魅力とは

熟女AV女優というのは、とにかく好む人が非常に少ないのであくまでかなりマニアックなジャンルであり、ニッチなニーズの中での話になってしまうのですがとにかく麻宮姫花はエロいの一言に尽きますね。
熟女好きにも、年齢の割には若々しくて綺麗な人が好きなタイプと本当に熟女らしい熟女が好きな人と好みに違いが出る物ですが麻宮姫花は明らかに後者にしか需要がないタイプの、マニアックなジャンルの中でもよりマニアックなタイプのAV女優である、という本当に好みの狭いところを突いた、いわゆる隙間産業的ジャンルAV女優ということが言えます。
名前からすると、割と若手で可愛らしい雰囲気を醸し出している感じがするので、調べてみたらまさかの熟女AV女優で驚いてがっかりした、なんて人も多いかと思いますが好きな人には思い切りハマるタイプのAV女優です。
特に、痴女キャラはかなり堂に入っておりAV女優としての演技というよりもむしろ、プライベートのセックスをそのまま持ってきているような、本気のエロスを感じることができるようなところが麻宮姫花の魅力だと言えるでしょう。
出演作品もそれほど多くはなく、複数人作品への出演がほとんどなので、なかなか目にする機会はないかもしれませんが、熟女物のAVが好きで、下品なくらいのエロさをもった熟女が安心安全無料動画サイトで見たい、という人には自信を持ってお勧めすることができるタイプのAV女優です。
あなたにとってのオススメのエロ動画とは何でしょうか?
当サイトのオススメは麻宮姫花で決まりです。

総括

名前と見た目のギャップの激しさと知名度の低さもあって、趣味じゃない人にはおそらく一生縁のないタイプのAV女優ですね。
しかし、熟女AV女優としてはかなり味があるタイプであり、複数女優物のAV出演をしていても、結構目立つというか印象に残りやすいくらいのエロ攻めを見せてくれるので趣味に合う人にとっては特に地味に好みに合うということが多いと思います。

ページ上に戻る